必ずやろう!gBizID(GビズID)~取得方法について~

gBizID(GビズID)は、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。
各種補助金や社会保険、雇用保険など会社で必要になるさまざまな申請に対応しています。

gBizIDの違い

gbizIDのちがい

社長が取得することができるのは、gBizIDントリー、gBizIDライムの2つです。
gBizIDンバーというIDもありますが、これライムの従業員のIDとなります。

gBizIDントリーは、Webサイトからの入力で即日発行できるアカウントですが、申請内容が限られています
gBizIDライムは、設定されている全てに申請できる、いわば、スーパーアカウントです。
ただし、取得までに時間を要します。
書類審査は原則2週間程度ということですが、不備があることも踏まえて余裕をもって1ヶ月かかると思って準備しましょう。

gBizIDントリーを作成してからライムに変更することも可能ですので、
まずはントリーにに登録し、同時にライムの申請にも取り掛かるのがおすすめです。
なお、gBizIDンバーライムID発行後、マイページで追加できます。

申請内容によって必要なアカウントが決まっています。どちらのアカウントが必要か確認しておきましょう

まずはっくり把握しよう

申請の労力 🕘 
オススメ度 ★★★  ※あくまで当サイトの主観です。🕘★についてはマーク説明をご参照ください。
目的1つのID・パスワードで、さまざまな行政サービスにログインが可能なシステム。
24時間いつでも申請が可能により、利便性の向上に繋がっている。
申請タイミングは?適宜可能
登録にかかる手数料は?無料
取得に必要なものは?GビズIDに必要なもの

出典:経済産業省ウェブサイト
https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Prime.pdf より抜粋。

 

っつり把握しよう

本施策
問い合わせ先

経済産業省 GビズID 運用センター

電話でのお問合せ
06-6225-7877【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

申請書等送付先
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島3-1-21 NTTデータ堂島ビル16階
経済産業省 GビズID 運用センター

 

NO IMAGE

横浜の社長.com

横浜市内事業者向け、新型コロナウイルス感染症関連の公的経営支援策の情報をお届け!公的支援策をフル活用して、危機を乗り越えましょう!

CTR IMG