横浜女性起業家 COLLECTION 2020

un:ten

un:ten
自分の為に世界の為にUPサイクルな着物服

柿色縮緬地草花模様 カシュクールドレス
絹100% 着丈:115c 身幅:49c 裄丈:24c

柿色の地に四季の草花が散りばめられた豪華な縮緬生地です。
所々に細かな刺繍が施されています。
カシュクールに見せて、左脇にコンシールファスナー開きがあります。
そのまま1枚でドレスとしても、インナーと合わせてジャンパースカートのようにも着ていただけます。
たっぷりと生地を使ったスカートを腰に乗せるように着ていただき、足捌きに合わせて揺れる重厚な縮緬の優雅な動きをお楽しみ下さい。

¥45,000

アバター
un:tenは伊東純子が1点づつ作る服のブランドです。
2009年より、カスタムオーダーを中心に、衣装、着物服、遊具、アート作品などを制作販売、デザインから縫製まで一貫して一人で制作しています。
2016年より、着物服と名付けて、着物を解いてシンプルな洋服に仕立て直すアップサイクルを行っています。これまでに展示会(横浜、南青山、鎌倉)は7回を重ねました。
自分の為にも世界の為にも、できるだけ素材を無駄にしない商品作りを心がけています。
un:tenの服と人への思いは、愛の泉から渾々と湧き出し続けます。
アバター
つくも(九十九)神という言葉がありますが、物は100年ほど経つと精霊を得るとのこと。享年103歳の祖母の箪笥に眠っていた着物は、着物服として身に着けるとどこか不思議な安心感があります。着物としてそのまま受け継ぐことが難しい現代に、着物服ならその想いや愛を伝えることが可能です。日本の多くの家庭に眠っている誇るべき文化と伝統をそっと揺り起こしてあげたいのです。世界が一変してしまった今、古い着物が生まれ変わって新しい命を得る着物服が、見えない針となって、世界と人々を縫い合わせて行ければと願います。
アバター
着物服は、解いて、洗って、アイロンしてと少し手間がかかりますが、柔らかい絹の感触は驚くほど軽く、吸湿性に優れ、肌にも心にも優しい素材です。
ほとんどが一期一会の生地ですので、それぞれの特徴を活かしたパターンと縫製を心がけています。
もはや再現不可能な手仕事の積み重ねられた生地は、見ても触れても美しく、仕立てていても心地よいものですが、纏ってみてこそ、その輝きが際立ちます。
ぜひ、着物服を、日常着として身に付けてみて下さい。
*掲載写真の商品は1点ものです。在庫の有無はun:tenサイトでご確認下さい。

商品の購入・詳細についてはこちら

  un:ten  ショップun:ten

Facebookなし
Instagramなし
Twitterなし

この商品・サービスが気に入ったら、「いいね!ボタン」を押してください!

7+
Share / Subscribe
Facebook Likes

News

    More