横浜女性起業家 COLLECTION 2020

No.054 Flower space L’avenir(ラ・ヴニール)

Flower space L′avenir(ラ・ヴニール)
季節の花の壁飾り(リースやお正月飾り)

プリザーブドフラワーのホワイトリース ¥10.000-
新型コロナウィルスの影響で今までとは違った生活にストレスを感じたり…誰もがなにかしらの不自由さを抱えているかと思います。そんな暮らしの中で、ラ・ヴニールの花が少しでもみなさんの癒しに…少しでもパワーを感じてもらえるものになりますように。
お家時間が増えた今だからこそ、リビングにお玄関に…と飾る場所を選ばない、ホワイトリースは、オールシーズン楽しんで頂けます。たっぷりのアジサイ。バラにカスミソウのリースです。(サイズ直径約27㎝・リボンまで長さ約55㎝)

実いっぱいリース (直径約20㎝✖長さ約30㎝) ミニツガやワタカラなど、ほんのりシナモンの香りも。
ミニフレームリース(ThankYou)スタンド付き
ナチュラルフレームリース(Welcome)スタンド付き
スワッグ(Welcomeプレート)プレート取り外し可能
スワッグ(クリスマス)オーナメント取り外し可能
スワッグ(お正月)オーナメント取り外し可能
お正月飾り(紫バージョン)
お正月飾り(ワラバージョン)
アバター
大手メーカーで営業事務を5年勤め、退職を機にフラワーアレンジメントのレッスン講師を任され、2000年「Flower space L’avenir」を京都に設立。現在は、教室運営以外にイベントなどの出張レッスンやオーダーメイドのアレンジメント制作 。学校や会社・レストラン・エステサロンへの生け込み、ラ・ヴニールオリジナルデザインの販売をしています。
また、令和と共に京都より横浜に移転し、ラヴニールにとって今年は20周年という記念すべき年でもあります。
アバター
ラ・ヴニールでは、モダンでちょっぴりSweetをコンセプトに、花のチカラを信じ「花のある暮らし」を提案。
暮らしの中で、ラ・ヴニールの花が少しでもみなさんの癒しに…
少しでもパワーを感じてもらえるものになりますように。
アバター
モダンでちょっぴりSweetをコンセプトのラ・ヴニールですが、京都で生まれ京都で育った京都の感性を作品にも詰め込み、幅広い年齢層に受け入れてもらえるような和モダンなデザインも提案しています。

商品の購入・詳細についてはこちら

  Flower space L’avenir(ラ・ヴニール)

Facebookhttps://www.facebook.com/shihoko.suzuki.7
Instagramhttps://www.instagram.com/lavenirshihoko/
Twitterなし
※アカウントをお持ちでない方は、ページが表示されない場合があります。

この商品・サービスが気に入ったら、「いいね!ボタン」を押してください!

22+
Share / Subscribe
Facebook Likes

News

    More