横浜女性起業家 COLLECTION 2020

NPO法人 みんなのお箸プロジェクト

NPO法人 みんなのお箸プロジェクト
子ども箸販売と箸作りワークショップ

自然派ママが選んだ子ども箸
みんなのお箸プロジェクトオリジナル箸
「Sunao」
「素」…それは、飾り気や混じり気のない、ありのままの姿。
「直」…それは、曲がりや歪みがない、真っすぐで正しい在り方。
そんなコンセプトのもと、選りすぐりの素材を用い、
職人の手作業で一膳一膳丁寧に仕上げました。

ワークショップは、経験豊富なスタッフがより安全に楽しく指導いたします。
黒檀などの上質素材で作る大人向けワークショップは、老若男女問わず 人気です。
親子で楽しくお箸使いを学ぶことで、物の命を頂く大切さを知り 親子のコミュニケーションも生まれます。
自分で作ったお箸には愛着が湧き、お箸を大切に思う心と、物を大事に。 扱う心が育まれます。
子供箸「SUNAO」は、国樹「桜」と横浜市の木「欅」をご用意しております。
小さな手には小さな短いお箸。12㎝からご用意しております。
"持ち手三角形は、一辺に指を一本ずつ乗せると正しい持ち方ができ、 箸先食べやすい六角形です。"
ご希望により名入れもいたします。更に愛着のある一膳に仕上がります。
アバター
初孫が産まれた時、婆業って何?と考えるようになりました。そして、自分の子育て中には余裕がなくて十分に出来ませんでしたが、孫には日本の生活文化の意味をしっかりと伝えていきたいと決意し、礼法講師の資格を取得。その中で、礼の基本となるのは毎日の食生活であり、箸使いであるとの確信を得、お箸の活動を始めたのです。無謀にも59歳で箸職人に弟子入りし、箸作りも手掛けるようになりました。子どもたちとその親たちが、正しい箸使いを身につけるとともに、自分のお箸を丁寧に選ぶようになってほしいと願っております。
アバター
みんなのお箸プロジェクトは、箸使いの指導と箸作りのワークショップを組み合わせたオリジナルのメソッドで、子供たちが楽しく箸使いを学べる教室を開催しています。また、子供たちが使うお箸は、「子供の手にピッタリと合ったサイズ」「持ちやすい形状」「安全・安心な素材を使用」という条件が大切と考え、お箸の企画・製造・販売も手掛けるようになりました。オーガニック志向が高まる中、食の安全とその食材を口に運ぶ箸にもこだわった、「自然派ママが選んだ子供に使わせたいお箸」をコンセプトとしています。
アバター
成長期の子供たちの手に合わせて豊富にサイズを展開(12cm~18cm/1cm刻み)。お箸のフォルムは、これまでの研究から、子供達の手に最もフィットし使いやすいと考えられる「持ち手三角形」「箸先六角形」を推奨しております。厳選した木材を古くから伝わる天然素材の砥草で磨き、柿渋で抗菌作用をプラスし、国産の亜麻の実から抽出した亜麻仁油でコーティング。木のぬくもりをそのままに、すべて職人が手作業で仕上げております。

商品の購入・詳細についてはこちら

  NPO法人 みんなのお箸プロジェクト

Facebookhttps://www.facebook.com/minnano084
Instagramhttps://www.instagram.com/minnano084
Twitterなし
※アカウントをお持ちでない方は、ページが表示されない場合があります。

この商品・サービスが気に入ったら、「いいね!ボタン」を押してください!

8+
Share / Subscribe
Facebook Likes

News

    More